FC2ブログ

浅草船渡御

54年ぶりという舟渡御は誰もが始めての経験。
それだけに、どう舟に乗せ、降ろすのかが興味の中心でした。


この角度から宝蔵門の甍が丸見えになることはそうありません。
10288859.jpg


浅草寺を出た神様たちは、浅草寺外周を一巡りし、雷門前から右折し花川戸の上船場へ向かいます。
一行は30分遅れで雷門に到着しました。

一之宮が近づいてきました。
三社権現の幟(のぼり)は、神仏分離を愚策と考えるものとしては、うれしいものです。

10288860.jpg



10288861.jpg
武士はだれかな・・・ そのあとの稚児たちは十童子?

10288862.jpg



10288863.jpg
急いで川沿いに向かいました。

吾妻橋上は人でぎっしり。割り込めません。
はなから舟への上船を確認したかったカイチョとしましては、ラッシュの橋上を横目に見ながら、小走りに上流に向かいました。



10288864.jpg

おっとっと・・・・
着いてみると花川戸の上船場も限りない人でごった返し状態。

10288865.jpg





10288866.jpg


淡々と上船は進んでいました。

一之宮は無事上船。


10288866_20120319170134.jpg


ここら辺から空模様が怪しくなり、ポツポツ。。。。ザーザー。。。。
傘を持たなかったカイチョは隣の人の傘の軒を借りてじっと待ちました。
10288867.jpg




10288868.jpg


雨が降っていなければ、もっと映えるのですが、龍神がつきまといますから、雨は避けられないでしょうね。


一行は船団を整えて。

10288856.jpg
写真提供K氏

10288857.jpg
写真提供K氏


本来なら和舟三艘にそれぞれ一之宮、二ノ宮、三之宮に鎮座していただき、土師中知の末裔、浜成の末裔、竹成の末裔がそれぞれに乗り込むと言うのが古式なのだけれど・・・

浚渫などの港湾作業に使う台船に三基まとめて乗せてかぁ・・・せめて和舟がよかったのにねなどと友人と話してみたり企画者側の苦労をよそにしきりに話していたりでした。


専堂坊、斎藤坊、常音坊で仕切られてきた浅草寺三譜代の制度は惜しくも、近年消滅してしまったとはいえ、精神部分には、浅草繁栄の基を築いた、三柱の神様たちへの、先祖供養、孝養であり、先祖の高徳に対しての感謝の気持ちが内在したものが、三社祭りであるし、舟渡御であると思うのだけれど。。。

たんなる馬鹿騒ぎが祭りの姿だなど考えたくもない。

まさかまさか、単なる観光資源などと考えるものは、まさかいないとは思うのだけれど・・・・・

スポンサーサイト
プロフィール

カイチョ

Author:カイチョ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR