FC2ブログ

昨夜は防犯の勉強会

昨夕は、浅草警察署から防犯の専門家、生活安全課の署員の方に来ていただいて、浅草管内の話をしていただきました。

特に、振り込み詐欺の多発を考えて、詐欺の手口をしっかりと25種類にも及ぶ様々な詐欺の口実。

いやーーー!全く騙すのもここまでやるかと思う口車に驚くばかり。

何より大事なのは、

即答しないこと。

必ず電話をかけてきた相手にこちらから必ず連絡を取って確認すること。

そして情報をいつも入手する環境にあることが大切だ!ということが理解できました。

「わたしは騙されない」とは必ずしも言えない。だから必ず確認する。

のが大切なのですね。

IMG_7932[1]
スポンサーサイト

もう七年・・・・

さっきフェースブックをチェックしていたら、過去のお知らせという機能があり、7年前の今日、東北に向けて旅たったことがわかった。

7年前。。。震災の年だ。

震災の計画停電もまだ冷めやらぬ頃だっただろうか。
3.11の直後は、かき集められるだけの生活物資を被災地に送り、商店会の仲間で道行く人のご協力を得ながらの寄付を募り、その年の暮れに予定していたイベント(これがイルミネーションでした)の経費を合わせて、大船渡小学校に送った。送るにもまだ自衛隊や緊急車両以外動かせない時期であったため、区役所の被災地応援に行くという方の手に託さざるを得なかった。

ほかにできることはないのかと探し回っていた。閑古鳥の鳴く自分の店の状況はこっちに置いて走り回っていた。

そんな中、ひょんなことから東京芸大の学生たちが渾身の思いで制作した巨大猫のオブジェ(元はお神輿)を引き継ぐこととなり、商店会で預かることとなった。元は神輿である以上これは浅草神社に一肌脱いでいただこうと、突然のお願いを受け入れてくださり神楽殿横にて鎮座しお祓いをも受けた。

夏の暑い時期にお座りいただいて、会の中で協議しているうちに、商店会で客寄せパンダにするよりもそれ相応の場所があるだろうとなって、ならば被災地の復興に役立たないかとなり、宮城県石巻市の洋上に浮かぶひょっこりひょうたん島のモデルとなった。

田代島、通称ねこ島(人間より多い猫たちの島)が同じ猫同士よいのではという話となった。島の被害状況は伝わってこなかったが、話を聞くと相当な被害が出ていた。

話はとんとんびょうしであれよあれよという間に進んでいき、7年前の今日、北帰行ということになった次第。

10279578_20181110141400865.jpg



大猫、御縁門を10tトレーラーに。
とにかく北に向かいたかった。じっとしていられないというのが僕の本音の部分だったと思う。

石巻ー大船渡までの道中は僕の人生観を変えるほどの凄まじさを持って迎えてくれた。

http://www.1miya.com/goemon8.html

イルミネーション始まりました。

今年もそろそろ暮れです。
年末の雰囲気に合わせた通りの演出がいよいよ始まりました。

本当は2011年の暮れに計画していたのですが・・・

ご存知のとおりの大災害。そこにお金を使うなら東北支援に回そうと会員の意思が固まって、イルミネーションは中止されました。

ということは、7年ぶりの計画です。


まず、第一弾です。
街路灯に明かりが灯りました。
IMG_7754[1]


IMG_7751[1]

第二弾は、12月に大きな光のオブジェが雷門通り側に設置されます。

この企画は目黒区の自由が丘の商店街とのコラボです。
目黒・・・といえば招き猫。
浅草・・・といえばやはり招き猫。

ということは・・・

招き猫が同表現されるでしょうか・・・・?

雷門盆踊りは盛況のうちに。来年が楽しみ。

昨日(9月8日)の雷門盆踊りの様子です。

消防庁の音楽隊、カラーガールズの皆さん、自衛隊の練馬駐屯地の隊員の皆さんの協力で盆踊り前、雷門前会場を賑わせてくださいました。

美人画の巨大灯篭は秋田湯沢市の市長はじめ職員さん、秩父からの歴史ある大やぐらを持ち込んでくださった皆野町の町長はじめ職員さん。踊り指導の土屋翔先生やひまわりの会の皆さん、まだまだ多くの人に支えらながら、ばっちり2時間半、アクシデントもなくフィーバーできました。
ありがとうございました。

最終曲をダンシングヒーローで終わった会場には、踊り手の皆さんの余熱とも言うのか、とんでもないエネルギーを置き土産していってくださったようです。

雷門一之宮通りの様子です。
神社、お寺の参道おいての雰囲気がさらに情緒を醸し出します。
IMG_6820s.jpg


どういうことでしょう・・・
関東地方を除いてほとんどが雨模様だというのに気持ちの良い青空に恵まれました。
IMG_6843s.jpg


IMG_6868s.jpg
盆踊りの開催前。
東京消防庁が起震車を会場に運び込み、防災の意義をお話くださいました。
そして音楽隊と、カラーガールズによるチアを晴れやかに舞ってくださいました。


IMG_6862s.jpg
練馬駐屯地から自衛隊の隊員さんも・・・。
隊員募集です!


盆踊り会場は熱気に包まれました。
IMG_6879s_20180909174103dcb.jpg



来賓挨拶が始まります。
服部台東区長
IMG_6881S.jpg



湯沢市長
IMG_6884s.jpg

丸川珠代参議院議員
IMG_6885s.jpg

すいません。書ききれません

子供たちの真剣な表情は、忘れてきた童心を思い出させてくれますね。
IMG_6897s.jpg


IMG_6899s.jpg


IMG_6911s.jpg



https://youtu.be/ON5ThZluwKA
IMG_6919s.jpg


IMG_6919s_20180909172808a2c.jpg

もともと浅草の夏の終わりを寺町浅草らしい思いを残せたらいいのにと思っての盆踊り。。。

見ているお祭りではなくて、参加して思い出を持って帰っていただきたい、楽しさを共用したい。それが雷門盆踊りと思っているのです。

「盆踊り」といえば先祖供養とは切っても切れない間柄。

9月にしたのも9月1日は「防災の日」です。
元をたどれば関東大震災の日です。
ご存知でしょうか。両国国技館近くに「東京慰霊堂」という慰霊の施設があることを。

引き取り手のないおおよそ3万8千柱の震災犠牲者が眠っています。(大戦殉難者は10万人くらい)
浅草ってそんな土地でもあります。

防災の日にかけて盆踊りをという声もそのような背景があります。


夢にも思わなかった北海道胆振東部地震。
哀悼の心を捧げたいと思います。

今なお瓦礫の中からの捜索活動は、自衛隊や消防や地元の方々によって続いています。
全員の救助がなされることを祈ってやみません。

7年前の東北大震災時に私たちは商店会として被災地支援と微力ながら石巻⇒大船渡へ行かせていただきました。
自然の猛威の前に先人がいかにご苦労されてきたか、そして乗り越えてこられたかを学びました。

そして人の「絆」という合言葉を深く学びました。

今こそ、心一つにして復興していくことを誓っていきたいと思わずにはいられません。

盆踊りの会場には他人同士の集まりです。
しかし「これが最後の曲です」とアナウンスし、祭りもおしまいとなった時に胸に去来する共有の連帯感、また来年もと思う期待、一抹の寂しさという思いは、もう他人の集まりではないのだなと正直思いました。

心一つにできる雷門盆踊りでありたいなと思います。

祭りのあとの片付けはどことなく郷愁を誘うものがあります・・・
IMG_6922s.jpg


IMG_6924s.jpg

雷門盆踊りを東京新聞さんが取材してくれました。


今週の8日土曜日の「雷門盆踊り」を東京新聞さんが取材してくださいました。\(^^@)/

IMG_6774s.jpg

今年二回目の雷門盆踊り。
いろいろ嗜好を凝らしています。

消防庁からはの皆さん、自衛隊の皆さんのご協力をいただきました。

縁日の雰囲気も盛りだくさんに飽きさせない盆踊りにしたいと思っています。
7日(金)秋田県湯沢市の大型灯篭が一之宮商店会の通りをいやが上にも盛り上げてくれます。

8日(土)6時からセレモニー
     6時半から盆踊りが始まります。

雷門前には大型灯篭が飾られて、インスタ映えすること間違いなし!



IMG_6701s.jpg



商店会では、この両日に合わせて抽選会を行います。
お買いものにもご利用くださいね。


IMG_6765s.jpg

大きい文字
盆踊りで浅草の最後の夏を遊びましょう!
プロフィール

カイチョ

Author:カイチョ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR