浅草のへそのへそ

<浅草の最も大切にしたいと思うこと・・・>

秋のお彼岸を迎えお花を持つ人をとても目にするようになった。
如意輪観音

今日はお彼岸の中日。

以前から是非ともお墓参りに行きたいと思っていた場所があった。

浅草という土地は不思議なところで、街のイメージは活劇、映画、大正ロマン、昭和モダンに賑わいを見せた街という印象が強く、芸能に懐の深いイメージがある。
今年30数年を数えるサンバカーニバルがあるかと思えば、お祭りサンバのように祭り一色に血が踊る伝統さも持ち合わせている。

けれど、浅草寺を抜いてこの街を語ることはできない。


ただ、このお寺の由緒を意識する方がどれほどいらっしゃるのだろうか・・・とも思う。


「日本の古都」と言うとすぐイメージされるのが、京都、奈良の平安京、平城京だと思う。

浅草のあけぼのは推古天皇三六年(628年)と伝わる。

(鳴くよ鶯平安京)だから平安京で延暦十三年(794年)、平城京でも和銅三年(710年)。
都が始めて制定された藤原京ですら持統八年(694年)というから、それより66年も浅草のあけぼのは早いということで、大化の改新以前の事なのだから驚かされる。

史実としてはなかなかそこまでは遡れないようだが、徳川家康、いや太田道灌、いや江戸氏が屋敷を構える遥か昔から、浅草という土地は人の定住場所として栄えていたということが特筆すべきところなのだ。


前振りが長くなってしまったが、その功労者は一も二もなく、江戸浦(隅田川)から兄弟の漁師が掬い拾い上げられた観世音菩薩を私邸に祀りその人生を仏門に捧げた浅草の郷士?土師中知(はじのなかともorはじのまなかち)の功績抜きには考えられないことである。

知ってか知らずか、三社祭りで担ぎ回られる一之宮はその人本人のことなのだが・・・。

江戸開府に当たって家康から認められた土師氏への名跡が専堂坊という。
代々浅草寺を取り仕切ってきた。


その伝統が平成の世まで、名跡は引き継がれ引き継がれてきたのだから驚き以外何者でもない。

ただ、明治初頭の悪名高い神仏分離令(廃仏毀釈)の嵐はそうした伝統にも深い傷跡を残している。


それほど大切な専堂坊の名跡は、それ相応に墓所も管理されて当然と思っていたのだが、代々の墓石を祀っていた浅草の寺は神仏分離令ゆえに廃寺となり、流転の運命に晒されていたのである。


ぜひお参りしたいと思っていたことが昨日ようやく叶うことができた。


貴重な代々のお墓は、現在どこに祀られているかといえば、目黒の天台宗の寺院、永隆寺に預けられている。


お目当ては思った以上に広い墓所のずっと奥まった場所に祀られていた。


宝篋印塔あり、僧頭墓ありで見る人が見たら由緒をしらべたくなるだろうと思う。

土師氏代々墓




三社の紋である三つ編紋が異彩を放っているのだが。
不思議に思う人はいないのだろうか・・・

三つ編紋



ただ、これほど歴史的価値のある墓石群なのに寺門前によく見る由緒看板ひとつなかったのが僕には残念でならなかった。これって地元の教育〇員会の仕事じゃないのかなぁ・・・


浅草寺の一角にあってふさわしいように思うのは僕だけだろうか・・・
スポンサーサイト

通りがまた華やかになりました。

通りのプランターが一部新しいものと入れ替わりました。

台東区の「花の心プロジェクト」の一貫として、当商店会が震災前から行ってきた「花いっぱい運動」に連結されたかたちです。


以前はきれいに通り会の会員が植えたばかりの綺麗な花の苗をプランターごと持っていってしまう下衆なのもいましたが、今度のプランターはとても重いので動かせません。(ΦωΦ)フフフ…

通りに置いてもらったら、途端に道行く人々が写真を撮りだしました。

美しいということは、それだけで罪というのはうぬぼれの言葉ですが、花の力、魅力ってすごいなぁと改めて思いました。

IMG_0539[1]


ちなみに、花種は・・・・

背の高い花はご存知、コスモス。
手前の花高の低いピンク色のは初雪かずら。
黄色いマリーゴールドと赤い小さな花の群生はペンタス。

寄せ植えの上手さはやはりプロの手だけのことはありますね。。。

IMG_0540[1]

和洋スィーツと盆おどり

ついに当日です。

スウィーツ売り場は順調。
IMG_0082[1]

主催者側スタッフ一同どう出るか・・・なんと言っても告知をしてはいけない条件がありましたから、人脈を使っての踊り手の確保・・・といっても数字が全く見えない中でした。

蓋を開けてみないと全くわからない状況って心臓に悪い。

子供たちの太鼓の前振りが始まる頃には、櫓を中にしてそれなりに人垣ができるようになりました。

ん!やれるかなと思えたのはこのときになってようやくでした。

台東区長始め区議、町会長、商店連合会長、地元の国会議員そして目黒区の区議商店街関係者の方々、そしてはるばる秋田湯沢市の市長までご来賓をお招きしてご挨拶をして頂きました。

IMG_0127[1]

2時間の間に初めは尻込みしておられた観衆の皆さんもどんどん輪の中に入って一緒に踊ってくださって、見ると地下駐車場の施設で申し訳ないくらい間延びした踊りの輪がぐる~~~~と一周きれいにつながっていました。

これは壮観という言葉がぴったりでした。

IMG_0160[1]


IMG_0139[1]

休憩中のMCにお願いした世志凡太さん。奥様の浅香光代さんも連れ立って登壇。浅草音頭の思わぬプレゼントでした。90歳になられるとか・・・若い!
IMG_0138[1]



東部商店会と雷門一之宮商店会、そして目黒区自由が丘商店会が共同ということでスタートした事業でした。
浅草側ではスウィーツ販売と秋田県湯沢からの絵とうろうと盛りだくさんでしたが何より、30数年ぶりに雷門前で盆踊りを復活するのは今の時代、至難の業でした。

地元町会の皆様や踊り手(リーダーも含めて)の確保に走りまわってくださった有志の皆さんの力なくしては成功しなかったとつくづく思いました。

さ!来年も!という声にどうおこたえできるか・・・頑張ってみたいな。

読売新聞朝刊
読売新聞

毎日新聞朝刊
毎日新聞

いよいよ始まりました。

いよいよスイーツ&ラスト夏おどり」始まりました。

今日はプレ企画で秋田県湯沢市の絵とうろうが我が雷門一之宮通りに飾られました。

秋田(佐竹藩)に嫁いできたお姫様を慰めるために始まった七夕祭りに飾られるようになた絵とうろう。
美人画ばかりですが武者絵もあるのだとか。

明日9月9日土曜日にはもっとどでかい絵とうろうが並木通り(盆踊り会場)に飾られます。

IMG_0006[2]
位置決めに一苦労。

火が入ると独特の雰囲気を醸し出しますね。
IMG_0020[1]


IMG_0021[1]


IMG_0037[1]

明日9月9日土曜日は、絵とうろうはもちろん、スイーツの販売と盆おどりです。

皆さん参加してくださいね~~~~~!

最後の夏おどり(盆踊り)

天候が落ち着かない毎日です。
今日でお盆月は過ぎてしまいます。が、この夏にさよならをする企画が始動しますよ。

「Sweets&夏おどり」です。

浅草には盆踊りが似合いそうなのに今まで何故なかったのかしら。(30年前に一度あったそうですが・・・)

雷門から駒形橋に抜ける並木通りを使って踊りま~す。
同時にスウィーツ販売も。

秋田県湯沢市の協力で畳大の大きな絵とうろうを一宮通り、並木通りに飾ります。

綺麗ですよ(≧∇≦)/

IMG_2640[1]

当商店会と東部商店会そして目黒区の自由が丘商店街とのコラボでこの夏の最後の企画です。

プロフィール

カイチョ

Author:カイチョ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
電力使用状況&電気予報
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR